ベトナム大会をめぐって飲んだ、ベトナムコーヒーにハマってある。

ベトナムは風土第二位のコーヒーの制作国々だ。カップにあらかじめコンデンスミルクを入れておいて、フランス式のコーヒーフィルターを通じてコーヒーを淹れます。フランス式のフィルターを通じて淹れたコーヒーは、抽出年月が長いので苦みが強いので、コンデンスミルクは、プラスの方が美味く飲めます。しかし、全然くどいコーヒーなので、一気に呑むことは出来ません。ベトナムのコーヒーは「ロブスタ原料」という済む、普通のカフェで購入できる「アラビカ原料」といった階級が異なります。エナジー多湿、病害虫に強いという特徴がありますが、ロブスタ原料のみで入れたコーヒーは独特の泥臭さがあると言われています。最初はkuku(クク)社の「特選黒表示」というコーヒーを呑み、今まで飲んでいたコーヒーとの隔たりに驚きました。ほのかになまやさしいのです。kuku社のインスタントコーヒーはかなり甘めで、早朝の目覚めの1杯や疲れたときの昼過ぎの1杯にぴったりです。こちらはお湯をそそぐだけの手軽さから、僅か休憩したいときに愛飲しています。今のお宝は、Trung Nguyen Coffee(チュングエンコーヒー)社の最善という混入コーヒーだ。ロブスタ原料のみの混入とのことですが、ココアという香りがしてベトナム式で淹れたコーヒーは、実に美味く飲めます。Trung Nguyen Coffee社のNo5も旨いとのことで試してみてエッセンシャルオイルはいいのですが、お総額の割にはさほどに感じました。ルメントの口コミや効果について

「断ち切るは、帝が言うと書きます」って利益八ドクターが言ってたんだ

切り捨てるな、諦めちゃいけない、諦めなかった方が最後に勝つ、諦めたらそこでレース完遂だ。 人生で何度、自身は諦めるな、といわれるのだろうか。 人生について、たいして捨てることが悪いことなのだろうか。 思い出してみてほしい。くんは人生でどれだけのことを諦めてきただろうか。 真奈美ちゃんへの異性、ほしかったライダーベルト、行きたかった高校生、決勝戦で負けた甲子園へのチケット。 諦めたから、後へのグレードが開けたのではないだろうか。自分の力では、どうすることもできないことなど山ほどある。 不細工に生まれてしまったら、俳優になることは諦めた方がいいし、華麗だねってほめられることは楽に諦めて違う回廊を探したほうが、大いに有意義な人生が遅れるに違いない。つまり、辞める場合、すなわち執着しないに関して。 断ち切るは帝しか出来ないのだから、大衆の自分は、「見切る」ではなく「執着しない」としてある。 失敗しても気にしない。うまくいかなくても気にしない。うまくいっても気にしない。結果に振り回されない場合。結果はたまに身を不自由にする。結果に執着しない結果、まぁいいか、仕方がないか、って簡単に次のグレードにすすむことができる。できることにも出来ないことにも執着しない。執着しないからこそ、出来ない結果自分反感になルことが消え去るし、できることに固執して初々しい季節を不意にしなくなる。 こういうレースは、直ちに終了して、次のレースをはじめよう。 人生は総分戦です。クマをどうにかしたいなら